美!めざし宣言

「太らない」生活を習慣にするために本気で書いてみた その3 とサンキュに掲載していただいた話

本日から始めてみる本気で痩せるシリーズ!

筋トレ編!

筋トレのメリットをお伝えしたい。メリットしかない。

① 筋肉は普通に生活しているだけでは毎年減っていくから

そう!筋肉は年々衰えるのです。30代以降は年に1%減少すると言われています。「たかが1%やん」と思ったそこのあなた!10年先は10%減るってことですよ?代謝は落ちるし太りやすくなって当たり前!

そう、年を取っても自力で動きたいならばなるべく筋肉は落とさないべき!!高齢化社会に備えようぜ!

② 若返りホルモンが出るから~

30代からどんどん減っていく女性ホルモン… 

イソフラボンを摂取するのも良いけれど、なんと筋トレを行うことで「若返りホルモン」と言われる「成長ホルモン」が分泌されます。その効果は脂肪を分解したり、肌の調子をよくしたり、免疫力を上げたりとええことしかないわけですよ。

③ ストレスに強くなる

これもホルモンが関係していますが、筋トレや運動により「幸せホルモン」と呼ばれるホルモンが分泌されます。「セロトニン」や「テストステロン」が有名かと思います。小難しい話はさておきストレス解消に効果がありますし、「このトレーニングをやり切った」という自信が出たり身体のラインがきれいになる、姿勢が良くなる等の効果によりストレスに強くなるのでは?とも考えられます。

なぜ人は筋トレをしないのか

こんなにメリットを伝えまくり、好きすぎて資格まで取ってみた私ですが周りに言っても「あーまた言ってるよ。何目指してるの?」って言われたりします。私個人としては「健康となるべく、自分史上見た目もええ感じになりたいです」って答えてます。

でもね、みんなまぁ分かっていると思うんですよ。筋トレ、しないよりした方がええってことくらい。だってさ、年々お尻や胸が下がったり、お腹周りに肉がついたり、ブラに肉が食い込んだり、ぴたっとした服は着にくかったり、ジーパンの上に大量の腰肉が乗ったりするじゃないか。だから微々たる抵抗としてウエスト捻ってみたり、軽く腹筋してみたり、ご飯減らして「ゆる糖質オフ」してみたり、「脂肪をへらすなんちゃら製品」を買ってみたりするんでは‥?

面倒なんですよね。辛いしね。筋トレって。

やった方がええってのは わかってても。

筋トレを生活習慣に入れ込む工夫(私の場合)

私自身は過去にジムに通っていました。週に2、3回。マシンを一通りやってからボクササイズやエアロビのスタジオに通っていました。
スタジオは大好きで楽しかったのですが、マシンは黙々とやるのと、ムッキムキの方々の中に入りこんで(そういう方が多いジムだった)マシンをやるのが苦手でした。(誰も見てないだろうにあの人なんかヘンとか思われてたらどうしようとか思ってた。自意識過剰すぎる!)

妊娠を機に退会してからは通っていません。(理由は仕事や家事、子育てにより時間もお金も節約したいから。)

産後、運動の許可が下りてから家からほぼ出ない生活の苦痛と義両親との近居すぎる近居(笑)のストレス、身体を動かしたい衝動にかられ、散歩や買い物ついでに歩いたり子供が昼寝した時の3分や5分程度「腹筋 腕立て スクワット」とガーっとすごい勢いでやって終わり!みたいなことを始めました。

歩くために自分の好きなスニーカーも買いました。

今は1日5分~30分程度日によって時間や内容は違いますが、筋トレをしています。

なぜここまで続けられたのか は 「日々の生活に運動を組み合わせる」のと「ほんの短時間だけでも動くこれが大きなポイントだったのだと思います。

筋トレを生活習慣に入れ込む工夫(あなたの場合)

いきなり運動ゼロの方に「今日から筋トレ5分必ずやってください。腹筋と腕立てとスクワットとにかくたくさん」とは言いません。そして前もって言いますが、新しい習慣を身体に馴染ませるには3週間が目安です。多少は意識して頑張ってほしいのが本音。

そして、ここでは長期的に3年後、5年後、10年後も続けられるようにすることが大切であり、短期間でどうこうしたいという内容ではないです。短期間で変化を求める方はどこか他のサイト見たほうがええです。正直。

大切なのは「あなたが続けられる小さな習慣を自分で工夫して見つけること」です。

例えば!座っていることが多い方は
「いつも触るパソコンを立たないと触れない位置に置いておく」
「スマホを触るときは立つ」
「タイマー設定をして1時間に1度立って身体を伸ばす」

そこで抵抗がなくなってきたら
「歯磨きの間足を上げてみる。ちょっと屈伸してみる」
「料理の待ち時間ストレッチ」
「なんかやる気が出た瞬間は腕立て1回」
「調理中のお湯が沸くまでスクワット」

くらいに小さいことを決めることです。

あとは私の工夫としては「好きなウェアを着る」ことも大事かと!モチベーションが上がります。気持ちから入るのもアリ!

正直これで身体は変わるかと言われたらそんな変わらないです。ただ「意識が変わる」「習慣が変わる」のです。

新しい習慣を作るのは大変です。しかし習慣が変われば必ず変化が起こるようになります。

どこを鍛えるのかを考える

筋トレ筋トレと言っても、どこを鍛えるのかを考えるのが大切です。

女性は前腿を鍛えるのが嫌がる人はメッチャ多いです。歩き方でいくらでついちゃうんやけどね。でも筋トレで余計に付けるのも・・ね。
おススメは 大きく分けるとここが良いかと。

内もも 裏もも お尻 腹筋 背中 二の腕 胸 (細かく言い出すとなんや分からなくなりそうなので、ざっくりです)結構あるね。

日によって部位を分けるとやりやすいので是非やってみてほしいです。

ちなみに私は 上半身の日→腹筋の日→下半身の日→腹筋の日 というルーティンにしております。

 

おまけ サンキュの撮影のお話

今回10月号の雑誌サンキュ に掲載していただきました。

1日1分の筋トレでお腹をペタンコに的な特集でした。

フォロワーさんの数も少なく、とてもじゃないけどインスタグラマーとは呼べない私のインスタを見つけていただき、声をかけていただきました。

色々と気遣っていただいた撮影で、細かくポーズも指示を頂きながら、緊張で汗でまくりの撮影でした。

本当に感謝感謝です。

サンキュさんの記事はこちらから

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

れいこ

2人の小学生男子の40代母ちゃん。
食べて痩せる生活を習慣化することを日々考えながら過ごしてます(もはや1番の趣味)
日用品も大好き。特にキッチングッズに興味あり。
詳しいプロフは「このページについて」を見てね。

-美!めざし宣言
-, , , , , , , ,

© 2021 a little BlissLife