その他のこと 子育てトーク

置いてけぼりになった長靴

長靴姿を最後に見たのはいつだろう?

絵本みたいなタイトルになったけど、子供が成長するにつれて、長靴の出番が減った。

今年からは特に。

我が家の長靴

登校時に「結構雨降っとるから、長靴履いたら?」と子供に声を掛けたら、
「いやだ。誰も履いてないし、下駄箱に入らないから」と言ってどんな雨でも運動靴で家を出るようになった。さすがに替えの靴下を持たせてみるけれど、帰宅時には靴はびしゃびしゃになっているため、新聞紙を詰め込んだり、乾燥機で乾かしてみたりと手間がかかってしまう… いややんか…

親としては長靴を履いてくれると楽なのになぁ…と思うのですが、多感な年ごろに長靴を嫌がった自分の過去の思い出と重なる(あの現象なんなん?)
あんな便利なええ履物ないのに…

さて、私はもともと「弁当忘れても傘忘れるな」と言われるくらい天気の悪い日が多い地方で生まれ育ち、冬には結構な量の雪も降るため、長靴やスノトレ(スニーカーに似せた冬用の靴)は絶対に欠かせないものでした。

関東に引っ越してきてあまりの晴れの日の多さにびっくり。
自分は雨女だと思っていましたが、それはその土地の気候のためだったと知りました。

子供がもっと小さい頃は、帰省するたびに子供の分の長靴が用意されていました(ありがたや)

写真を見返してみると実家ではほんまによく長靴を履いています。

長靴の使用一覧

外で調理中?

長靴で外ごはん

おでかけ。大きすぎる蟹のオブジェ

長靴でおでかけ

雪だらけ

雪のなか長靴

いかにも「雪国」感のある 長靴の口部分から雪が入り込まないように絞れるタイプのものや、滑り止めがガッチガチについているもの。

めっちゃ機能的やんか…

今は大人でもブランドものの「レインブーツ」「レインシューズ」が出ているけれど、

「私も小学校中学年あたりから、大学生になるくらいまでは長靴ってなんか抵抗あったなぁ」と…

そんなことを思いながら 履いてもらえず、悲しそうに(?)佇む長靴(擬人化すごい)を

捨てることも出来ずに、一瞬外に出られた長靴を、再び下駄箱にしまう私です。

素直に履いてくれていた時代が懐かしい&可愛い(親バカ全開)さすがに実家で雪降ったら履くやろうけども。

これも成長なんかもしれんなぁ…と思ったりしている今日この頃の私です。

毎日は同じように見えて違うから 特に子供の成長に関してはそう思います。

しっかり見ていないと、色々と見逃しそう。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

れいこ

2人の小学生男子の40代母ちゃん。
食べて痩せる生活を習慣化することを日々考えながら過ごしてます(もはや1番の趣味)
日用品も大好き。特にキッチングッズに興味あり。
詳しいプロフは「このページについて」を見てね。

-その他のこと, 子育てトーク
-, , , , , ,

© 2021 a little BlissLife