今日コレ食べた 手づくり日和 美!めざし宣言

スイーツ食べながらダイエット?その2 おからアーモンドクッキー試作しました

久しぶりに低糖質なおからアーモンドクッキーを作ったけど

10年ほど前に作っていた低糖質なおからアーモンドクッキー。
久しぶりに、ほぼ当時のレシピで作ってみました。
(ほぼというのは、当時の材料と全く一緒だったわけではないので)

<当時のおからアーモンドクッキー材料>

無塩発酵バター                      30g
ラカント                         10g
お砂糖3倍の甘さの0キロカロリー甘味料                   10g ※1
塩                            少々
アーモンドプードル                       10g
おからパウダー(超微粒)                            10g
グルテン粉(グルリッチA)                   10g ※2
たまご                          15g
ベーキングパウダー                      1g
重曹                             1g
バニラオイル                   お好みで数滴

※1 お砂糖3倍の甘さの0キロカロリー甘味料は現在使っていません。
※2 グルリッチAは現在販売されていません。

焼きたては崩れそうなほど柔らかいけれど、冷ますとサクッと美味しい。

あれ?なんだか甘すぎる?食感もこんな感じ?(やや堅いような気がしなくもない)

分量間違えたかしら?

それとも、全く同じ材料を使っていないから?

美味しいけどね。

ちょっと改良してみようかな…。

新おからアーモンドクッキー材料は揃えやすいもので

当時のレシピで、粉類は小麦の代わりに、おからパウダー、アーモンドプードル、グルテン粉を使っていたけれど、グルテン粉は一般的には、持ち合わせないでしょうし、そうそう買わない…ですよね?

このクッキーを作るためだけに、送料かけてグルテン粉購入とか?
ないですよね(笑)

それにクッキーは小麦粉を混ぜる時にサクッとグルテンの粘りを出さないよう混ぜ合わせます…よね?
新おからアーモンドクッキーには、グルテン粉なしでいってみましょう~。

おからパウダーやアーモンドプードルはスーパーマーケットでも手に入りますし、揃えやすいかなと思います。

サクッとさせるのに、コーンスターチを使うといいらしいので、糖質高めですが、少しだけ入れてみたいと思います。スーパーにも売っているし、料理にも使えるしね。

バターは、発酵バターを使うとより美味しいけれど、試作ではもったいないし、近くでは揃えられなかったので普通の無塩バターで。十分美味しいから大丈夫。

新おからアーモンドクッキー材料&分量

<新おからアーモンドクッキー材料 試作版>

無塩バター                30g
卵黄                   1個
塩                    少々
ラカント                 30g
おからパウダー              10g
アーモンドプードル            10g
コーンスターチ                1g
ベーキングパウダー              2g
バニラオイル               お好みで数滴

たまごは、旧は全卵15gだったけど、ためしに卵黄一個。量ったら19gでした。
4g差だけど多いかしら?まぁ試作ですから(笑)
お砂糖の3倍の甘さの0キロカロリー甘味料10gで30g分+ラカントでお砂糖40g分計算で、前回ラカントを40g入れたけれど、甘すぎたような気がするので、ラカント30gに…。

さて、どうなるかしら♪

試作してみましょう

手順はふつうのクッキーの作り方と一緒かな。
このクッキーはアイスボックスといわれるタイプのもの。私、このタイプのクッキーが好みなんです♡

ではでは、始めまーす。

バターをゴムベラで柔らかくなるまでねりねり

 

次に塩、ラカントは3回に分けて入れその都度すり混ぜ合わせる。


なんだか分離している感じに…(;^_^A
まぁ試作ですからね。次!

卵黄投入!!

混ぜて…。あっバニラオイルもね。

やっぱり分離している(;^ω^)
粉類いれればきっと大丈夫でしょう。

粉類入れていきます。
粉類は、おからパウダー、アーモンドプードル、コーンスターチ、B.Pを合わせたもの。
3回に分けて入れその都度さっくりと混ぜ合わせる。

生地が完全にまとまっていなくても大丈夫。粉っぽさが無くなってきたらOK

分離していたのも、粉類を混ぜたら問題なしでした。
クッキー生地完成!

お次は、ラップを広げて、その上に生地を置き、ラップにくるみつつ、棒状にのばして…ピタッとラップをつつみなおし、冷蔵庫で休ませます。

洗い物したり、ニードルポイント刺したりして待ちます。

30分くらいかなぁ。

オーブン180℃予熱開始。

冷蔵庫から、クッキー生地を取り出し、包丁でカット3㎜くらいの厚さかしら?
すごいテキトー、厚さもバラバラ、形もいびつ(笑)
いいんです。自分用ですから(自分用でなくても、こんな感じだけどね~)

端っこ合わせて25枚とれました。

予熱終了したら、オーブンへ。10分もかからず、いい焼き色になったので、取り出して、焼き上がりすぐは、やわやわなので、オーブンシートのまま、そっと金網にのせて、そのまま冷まします。

しっかり冷めれば出来上がり♪

試食 そして…

冷めると、あんなにやわやわだったクッキーがサクッと✨

おおおっ!いいね。美味しい♡

で、ココア入りも♡ ココアはおからパウダーを1g減らしてココアを5g。あとの手順は一緒です。

一応、成功したと言ってもいいかなとは思います。

ただ、まだちょっと改良する可能性がないとも言えない(笑)

思いつくこと、色々試して最終的にこのレシピで確定してしまうかもしれないでけれど、もう少しいじってみたいのです。

まぁでも、低糖質なおからアーモンドクッキーとしては、美味しいので試してみたいかたは、ぜひっ♡

注)食べると、口の中で冷っとした感じになります。
  これは、ゼロキロカロリーの甘味料ラカントを多く使用しているためかと思います。
(お砂糖3倍の甘さの0キロカロリー甘味料を使っていた時は感じなかったように思うので、このあたりも改良できそうなら…)

そうそう、ダイエットのほうは、と言いますと、お正月におもちを食べ過ぎてしまいましてね…(^-^;
きなこもちの美味しさ、たまらないよね~😋

再び、筋トレと食生活に気を付け、低糖質なお菓子を楽しみながらダイエット生活がんばりまーす。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

おりちゃん

小学生男子、1児の母。
子どものころから、裁縫やお菓子作りが好き。好き≠上手(笑)
大人になり道具の力に気づく。お菓子パン作りの道具、材料、ハンドメイド関連のチェックは時を忘れるほど。よって目に衰えを感じ始めた40代
詳しいプロフは「このページについて」を見てね。

-今日コレ食べた, 手づくり日和, 美!めざし宣言
-, , , , , , , , , , , ,

© 2021 a little BlissLife